波留須旅衣とビリーズの仲間たちがクラシックロングボードやハルスタビーに乗り、日本を旅しながらスタイルの確立を目指す。
CATEGORY

アウトドア

定番のキャンプグッズや新商品、焚火に、ダッジオーブン料理などのログを記録

  • 2021年3月12日
  • 2021年3月12日

サンバーという相棒とともに新生活をスタートさせる。

なにかを終わらすということ しばらく、ブログを投稿していなかった。昨年から今年にかけて、人生の転換を迎えているからだ。自分の大切にしてきたものを終わらすと言うことは、それはそれはパワーのいることである。この様な何かを終わらす過渡期には、トラディッショ […]

  • 2020年11月27日
  • 2020年12月4日

軍幕と薪ストーブで造る自分だけの隠れ家

男には、隠れ家が必要である。いや、性別は関係ないのかも知れない。そこは、自宅でも別荘でも旅先でも良い。 人が人として生活する中で、プライベートな空間で自分の心にフォーカスする時間を確保しなければならないと考える。 この自分だけの大切な時間を過ごすため […]

  • 2020年9月1日
  • 2020年12月1日

ガソリンストーブの最高峰ウィスパーライトの魅力とは

人は、火を扱う動物である。火を扱うことは、人間の叡智の結晶とも言える。そして、ウィスパーライトは、氷点下といった過酷な自然環境でも長時間の安定した強力な火力が扱うことが出来る。 まさに、人類が創造した最高傑作といっても大げさではないのではないか。 故 […]

  • 2020年6月2日
  • 2020年7月5日

グレゴリーのバックパックにテントとおかしを詰め込んで、まだ見ぬ波を求めてサーフトリップ。

電車サーファー時代の思い出 バックパックにテントを詰め込み、ボード片手にサーフトリップをしてみたい。車やバイクを使わずに、電車やバスを乗り継いでまだ見に波を求めて旅をしたい。自由でいて、不自由な旅。 わたしは、高校を卒業した年にサーフィンを始めた。こ […]

  • 2020年5月26日
  • 2020年7月5日

北の大地からの贈り物。十勝マッシュの旨さに感謝。

広大な大地の十勝 ビリログでは、サーフトリップを主体にブログを構成している。そして、引っ越しすらサーフトリップのひとつと考えている。 このため、日本全国がトリップ先である。その中でも思い入れのある土地が、北海道の十勝である。 全国(内地)の方々がイメ […]

  • 2020年5月25日
  • 2020年7月5日

スノーピークの思い入れのある道具たち

洗練されたスノーピーク スノーピークを知ったのは、北九州にいる時だった。この時は、サーフィンの大会に出場して結果を出すことが自分の目標になっていたので、夏場は、毎週のように宮崎や鹿児島、長崎、そして山口まで遠征に出向いていた。 ちょっとした大会があれ […]

  • 2020年5月19日
  • 2020年7月5日

小さな火の育て方。チャークロスで優しくキャッチ。

焚き火の常識 昨日の記事の続きを紹介したいと思う。未曾有の事態に備え、『火の作り方』をマスターするためには、焚き火をする上で、知っておかなければならないことがある。 それは、薪もガソリン、灯油といった燃料も熱しなければ火はつかないと言うこと。そして、 […]

  • 2020年5月9日
  • 2020年7月5日

まさか、この味が作れるとは!トラメジーノで作る本格焼肉ライスバーガーをご賞味あれ。

休日の遊び方 現在、コロナの影響を受け、在宅勤務を余儀なくされている。このため、日常起居が乱れぬよう、朝は6時に起床し、夜は23時には床に入るようにしている。 もちろん家族全員道ずれだ。 ただ、土日には、その制限をもうけていない。休みの日は、ゆっくり […]

  • 2020年4月19日
  • 2020年7月5日

今だからできること

レッドウイングをオイルアップ 今日は、天気の良い週末。 不要不急の外出は自粛しているため、庭の草むしりを始めた。 先週、駐車場の周りと玄関先は終わらせていたので、今日は家の周りをはじめた。草を刈り、土と戯れるとなぜか心が解放されてくる。 常にパソコン […]

  • 2019年11月14日
  • 2020年7月5日

ビリ飯を華やかに彩るおもてなし、フィールドホッパーの3つの魅力に迫る

アウトドアでのおもてなし アウトドアで食べる食事は、格別にうまい。それもちょっとでも、自分で調理したらなおさらだ。 A4サイズのソロテーブルにより、一人の食卓も華やかになる。ワンバーナーを地面に接地して調理するのと、テーブルの上で調理するのは、気分的 […]