[お知らせ] サイトリニューアル(6/30~7/12)実施中!
CATEGORY

フィン

ボードの特性を大きく変えるフィンについてのログを記録

  • 2020年6月17日
  • 2020年7月5日

ワンフィンでクラシックロングボードは、激変する。

ワンフィン クラシックロングボードと言えば、大きなシングルフィンでゆ~ったりとした弧の大きなターンが醍醐味である。故に、サイドフィンをつけるなんて邪道すぎてだれもやらない。クラシックロングボードは、シングルフィンでのるものだ。このことに異論を唱える人 […]

  • 2020年5月21日
  • 2020年7月5日

ボードの性能を100%引き出せ。フィンを愛し、フィンを知る。

サーファーのスキル 海でサーファーのスキルを把握するの手っ取り早いのは、ライディングを見ることである。 また、上級者は、パドリングをする姿をみただけでもスキルがわかってくると言われる。 では、海に入る前のサーファーはどうか。これは、フィンセッティング […]

  • 2019年12月21日
  • 2020年7月5日

ハルスタビーのフィンは、これで決まり!TRUE ARMS PHD VOLAN

構想を練る 先日、久しぶりにハルスタビーを購入したショップに顔を出した。 近況報告と次なるボードのイメージをわかせるためだ。ハルスタビーも幅が広い。ミッドレンジが基準となるが、短めのスタビライザー(揚力による揺れを最小限にする)がついたものや、ロング […]

  • 2019年11月15日
  • 2020年7月5日

クラシックロングボードで、もっと楽にターンを決める。ジョージグリノーフィン:ステージ6の性能とは

クラシックロングボードで楽にターン クラシックロングボードは、本当に気持ちよく波に乗れる。アップスンダウンの必要もなく、ただ波のブレイクに合わせるだけでよい。 ボードの中心に立っているだけで、後は波まかせ。とにかく気持ちよく波と一体になっている心地よ […]

  • 2019年10月15日
  • 2020年7月5日

イルカに乗っているかのように波に乗る。フレックスフィンだからできるボードの変化

ショートトリップin吉浜 湘南の波に物足りなさを感じたときに、ちょっと足を運ぶのが吉浜だ。 千葉にサーフトリップしたいが週末に仲間がそろわない時にも、選択として出てくるのが吉浜である。普段はダンパーが主体で、切れ目から何とか抜けれるか。 その多くは、 […]

  • 2019年9月1日
  • 2020年7月5日

どうしてキャプテンフィン、ミッチアブシャーモデルは海でスタイリッシュに見えるのか

憧れの存在であるミッチアブシャー キャプテンフィンでお馴染みのミッチアブシャーに焦点を当てよう。右のミッチ、左のジョエルと当時カルフォルニアには、二人の天才が存在していた。 私は、オリジン・オブ・ブルーと言う映画をテープがすり切れるぐらい見ていた。な […]

  • 2019年5月2日
  • 2020年7月5日

ハーフムーンフィン

50年代、ハーフムーンフィンの時代 クラシックロングボード:ピッグにて キャプテンフィンのレトロなモデルで 優雅&メローなスタイルできめる。