波留須旅衣とビリーズの仲間たちがクラシックロングボードやハルスタビーに乗り、日本を旅しながらスタイルの確立を目指す。
CATEGORY

トリップ

日本を旅するビリログ(Billys Log)をここに綴る 波乗り、旅、キャンプなどを記録するログブック

  • 2020年7月25日
  • 2020年7月27日

今年最初のサーフトリップは、ハルスタビーとレトロツインで鹿島を訪れる。

茨城の鹿島 ビリーズの仲間とのサーフトリップほど楽しい時間は、長い人生においても、そうあるものではない。 だからこそ、その貴重な時間をめいいっぱい楽しみたい。そんな訳で、今回は、茨城県の鹿島を訪れた。 ここ鹿島は、南北に延びるビーチにヘッドラントが点 […]

  • 2020年7月13日
  • 2020年7月19日

ビリログ、サイトリニューアル完了!セカンドシーズンが今始まる。

サイトリニューアルにより、デザイン及び検索が進化、また、ビリキャラ達による会話形式でのやり取りを導入することにより、記事の重要な個所をオリジナルのキャラクターが分かりやすく解説  ハル 波留須 旅衣です。私たちビリキャラが記事の内容をクロー […]

  • 2020年6月23日
  • 2020年7月5日

波は地球規模で旅をする。太平洋の波とともに、今年の夏は旅にでる。

母なる海を旅する 今回は、海から旅を考察しようと思う。地球上のすべての生命の故郷は、『海』である。海は、地球表面の約70%を覆っている。地球上の海洋は、5つの海洋からなっている。 広大な太平洋に大西洋、インド洋、南大洋に北極海に区域される。太平洋は、 […]

  • 2020年6月22日
  • 2020年7月5日

歴史はロマンだ。太古の旅人、徐福の伝説にせまる。

不老不死のクスリを求めて キリストが生まれる200年程前に、大船団を率いてとんでもない大冒険をした人たちがいる。今回は、そんな歴史のロマンに迫ってみたい。時は春秋・戦国時代が終わり、秦の始皇帝が中華を統一をした頃の話である。 この世のすべての権力を掴 […]

  • 2020年6月21日
  • 2020年7月5日

日本を旅したくなるサイト造りを目指す。北海道は、その最重要拠点となる。

旅の見積りと計画作成の準拠 サーファーなら誰でも、『パーフェクトな波をもとめて世界中を旅してみたい。』と心の底から思い願うものではないか。ブルースブラウンのエンドレスサマーの様に、終わらない夏を追い求めて世界中を旅してみたいものだ。 ビリログは、世界 […]

  • 2020年6月19日
  • 2020年7月5日

後悔のない人生のために、島根の石見銀山へ訪れる。

人生の後悔 どんなに立派な人でも、後悔の一つや二つはあるものである。過去を後悔してもなにも始まらない。人が後悔をするのは、やりたいことをやらなかった時に強く心に刻まれる。わたしの後悔をお話ししようと思う。一つ目は、『指宿の砂風呂』に入らなかったことで […]

  • 2020年6月9日
  • 2020年7月5日

そんなに日本は、ヤバいのか。サーフトリップを通じ、その謎を解明する。

日本を旅する意義 サーフトリップをテーマにしたブログを作った理由は、日本のことを自分自身が知らなすぎると言うことに気づかされたからだ。これは、幼少の頃から引っ越しを繰り返し、大人になっても、引っ越し生活を継続している。 そんな引っ越しの多いわたしでも […]

  • 2020年6月6日
  • 2020年7月5日

日本一周のための方針を固める。この夏、ビリログが熱くなる。

4つの海に面した日本 ビリログでは、日本中を旅して、その土地の文化や波に仲間とのセッションなど、その時々の出来事を記録していく。 島国である日本は、4つの海に面している。太平洋に日本海、東シナ海にオホーツク海と、それぞれ特徴的な波がブレイクしている。 […]

  • 2020年5月24日
  • 2020年7月5日

ちょっとニッチな波乗りブログ、ビリログの目指すスタイルとは。

Voicyが毎朝の日課 わたしの朝の日課のひとつに、Voicy(ボイシー)を聞くことがある。ボイシーは、ラジオのような声のメディアで、「声と個性を楽しむこれからの放送局」というテーマでリリースされている。 わたしは、『キングコング西野さん(西野亮廣エ […]

  • 2020年4月28日
  • 2020年7月5日

ついに、この時が来た。ビリーズ再結成に今年の夏は熱くなる。

思い出の写真 先月の28日にミニマリストの本を読んでから、家中のものをとにかく減らし続けている。 最小限主義者までなれるかどうかわからないが、本当に大切なもの以外を削り、自分が大切にしていることに全精力を注げる準備をしてきた。そんな中、机の引き出しを […]