ビリログ-日本を旅するbillys log

クラシックロングボードに乗り、全国を旅しながら自己のスタイルを確立

ハルスタビーは、6自由度運動で乗りこなす。サーフボードの最高速度を体験する方法とは

ハルスタビーは、6自由度運動で乗りこなす。サーフボードの最高速度を体験する方法とは

ハルスタビーを乗りこなす 今回のテーマは、『自由にハルスタビーを乗りこなす』ことにある。ハルスタビーは、ボードが進化する過程において、その速度を極めて遅く原型を留めたまま今の形となった。太古の時代から利用されてきた船の原続きを読むハルスタビーは、6自由度運動で乗りこなす。サーフボードの最高速度を体験する方法とは[…]

初乗りは、クラシックロングボードとともに!

初乗りは、クラシックロングボードとともに!

2020年の初乗り 年末から年始にかけて湘南では波がある。元日も波があがり、一日中楽しめていたようであった。しかしながら、私は元日から今日の朝まで仕事であったため、今日が初乗りとなった。昨日の波が微妙に残っていたが、若干続きを読む初乗りは、クラシックロングボードとともに![…]

鵠沼でまったりサーフ、心穏やかに波乗りを楽しむ

鵠沼でまったりサーフ、心穏やかに波乗りを楽しむ

休暇中の波乗り 年末は、千葉へサーフトリップを計画していたが、諸事情が重なり残念ながら見送ることにした。このため、いつもの湘南へ行くことにしたが、普段は入らないスケートパークにお邪魔した。少しでも雰囲気を変えて波乗りした続きを読む鵠沼でまったりサーフ、心穏やかに波乗りを楽しむ[…]

ハルスタビーのフィンは、これで決まり!TRUE ARMS PHD VOLAN

ハルスタビーのフィンは、これで決まり!TRUE ARMS PHD VOLAN

構想を練る 先日、久しぶりにハルスタビーを購入したショップに顔を出した。近況報告と次なるボードのイメージをわかせるためだ。ハルスタビーも幅が広い。ミッドレンジが基準となるが、短めのスタビライザー(揚力による揺れを最小限に続きを読むハルスタビーのフィンは、これで決まり!TRUE ARMS PHD VOLAN[…]

いざ、鎌倉へ!待ちに待ったオンショアの由比ガ浜とミニシモンズ

いざ、鎌倉へ!待ちに待ったオンショアの由比ガ浜とミニシモンズ

朝からフラットコンディション サーファーの朝は早い。こんな季節でも早起きはいとわない。しかしながら、波がないことには、なにも始まらないのだ。習慣化した早起きの週間は波がなくても変わらない。どんなに遅くても5時には目が覚め続きを読むいざ、鎌倉へ!待ちに待ったオンショアの由比ガ浜とミニシモンズ[…]

サーファーとしての冒険心を取り戻す旅にでる。クラシックロングボード、ハルスタビー、ミニシモンズとともに

サーファーとしての冒険心を取り戻す旅にでる。クラシックロングボード、ハルスタビー、ミニシモンズとともに

旅の身支度 まだ、行き先を決めているわけではないが、サーフトリップの身支度を始めた。ロングボードは、ブラジルカラーのディックブリューワー9’0(KOZOシェイプ)を選んだ。セカンドボードは、ハルスタビー7’0(ウィルタ続きを読むサーファーとしての冒険心を取り戻す旅にでる。クラシックロングボード、ハルスタビー、ミニシモンズとともに[…]

凛とした寒さが冬の訪れを予感させる七里ガ浜でクラシックロングボードを楽しむ

凛とした寒さが冬の訪れを予感させる七里ガ浜でクラシックロングボードを楽しむ

冬の予感 風がすっかり冷え切って、透き通った空気に冬の訪れを感じてしまう今日この頃である。凛とした寒さに早くもセミドライのフルスーツに衣替えをしてしまった。水温は温かく感じたものの空気の冷たさは冬である。波も形はきれいな続きを読む凛とした寒さが冬の訪れを予感させる七里ガ浜でクラシックロングボードを楽しむ[…]

活気あふれる天神のすぐそばで、メローな波がブレイクする。さあ、クラッシクロングボードと福岡の旅へ

活気あふれる天神のすぐそばで、メローな波がブレイクする。さあ、クラッシクロングボードと福岡の旅へ

福岡を旅する 福岡と言えば、博多に天神と九州一の繁華街に恥じない活気にあふれたエリアを想像するだろう。そんな博多や天神も少し視野を変えると福岡の感慨深い歴史を垣間見ることができる。天神を車で少し北に走るとそこには、サーフ続きを読む活気あふれる天神のすぐそばで、メローな波がブレイクする。さあ、クラッシクロングボードと福岡の旅へ[…]

ご紹介、北九州をサーフトリップするなら必ず訪れるべき3つのサーフポイント+α

ご紹介、北九州をサーフトリップするなら必ず訪れるべき3つのサーフポイント+α

玄界灘の北九州 転勤族の宿命で北海道から九州まで、全国各地を旅して回った。中でも福岡は、北九州市と福岡市と2カ所巡った。最初は北九州での勤務となった。噂には聞いていたが、ここでの交通ルールは少し違う。『信号機、黄色は進め続きを読むご紹介、北九州をサーフトリップするなら必ず訪れるべき3つのサーフポイント+α[…]

初心者必見、スポンジボードで心もボードもソフトに波乗りを楽しむ方法

初心者必見、スポンジボードで心もボードもソフトに波乗りを楽しむ方法

スポンジボードの実力 サーフボードの素材といえば、『PU』ことポリウレタン、『EPS』や『XPS』といったポリスチレンが主流である。ポリウレタンフォーは、もっとも歴史が深く、特性として加工しやくある程度の重量があるという続きを読む初心者必見、スポンジボードで心もボードもソフトに波乗りを楽しむ方法[…]