クラシックロングボードで、もっと楽にターンを決める。ジョージグリノーフィン:ステージ6の性能とは

クラシックロングボードで楽にターン

クラシックロングボードは、本当に気持ちよく波に乗れる。アップスンダウンの必要もなく、ただ波のブレイクに合わせるだけでよい。ボードの中心に立っているだけで、後は波まかせ。とにかく気持ちよく波と一体になっている心地よさが感じられる。しかし、波は気まぐれだ。気づけば進行方向の波が一気にブレイクする。これに対応が難しいのがクラシックロングボードの辛いとこだ。後ろ足がフィンの位置までステップバックしてターンを試みない限りかなりの確立でパーリングする。特にハーフムーンフィンを使っていたら尚更だ。ハーフムーンフィンは、安定した直進の為の推進力を生むが、その反面、ターンが劇的に難しくなる。この推進力を活かしつつ、ターンをしやすくするためのフィンが一つだけ存在する。それがジョージグリノーフィンのステージ6だ。

ハーフムーンのカットフィン

ジョージグリノーフィンのステージ6は、ハーフムーンフィンのベース部分を大きくカットしたモデルで、ノーズライディングでの安定感と直進のための推進力はそのままに、ターンが劇的に軽くなる。なおかつ、ハーフムーンフィンより、ベースがかなり細めでレイクした部分は面積そのままであるため、フィンのしなりが生まれる。このため、クラシックロングボードにセットしてターンした場合は、クジラに乗っているような感覚になる。ノーズは安定、ターンは軽い。しかも見た目はスタイリッシュである。このフィンは、クラシックボードだけではなく、ミニピッグや、ハルスタビーにも相性がよい。

世界中のどのフィンよりもたくさん売られている

世界中どこ探しても、ジョージグリノーフィンより売られているフィンはそうないのではないか。ここまで世界中のサーファーに愛され、チョイスされているフィンだからこその性能がある。だからこそ、このフィンは、はずせない。過去の投稿でオーソドックスな4Aは紹介したが、マグロのヒレのようなフィンであるA4や、ハーフムーンをカットしたステージ6など、ジョージグリノーフィンはボードの性能を極限まで引き上げてくれる。中でも私は、このステージ6をクラシックロングボードに合わせるのをオススメする。クラシックのゆったりとした乗り味を活かしつつ、ターンの難しさを緩和してくれる。楽にターンをさせてくれる。世界中でもっともサーファーから愛されていステージ6を試してみて損はないであろう。