目指すべきスタイルと師匠との関係

多種多様化するボードとスタイル、あなたならどんなボードとスタイルから始める

私が、ブログを通じて伝えたいことは、どんな初心者でも必ず上達し、自分飲め座すスタイルが見つけられると言うことだ。私がサーフィンを始めたのは、25年程前の話である。この頃は、ロングボードとショートボードが2極化していた時代で、電車とバスしか交通手段のない私は、必然的にショートボード(スラスター)を選択した。量販のショップで初めてのボードを購入することにしたが、そのショップの定員から用意されたのは、私の身長と体重を考慮したと言われたペラペラのショートボードであった。週末になると、電車とバスを乗り換えビーチを目指した。何度も何度も通ったが、このボードでの大きな上達は見られなかった。その後、数年して、地元に小さなサーフショップを知り、足を運ぶようになった。このショップのオーナーとの出会いが私のサーフィン人生を変貌させた。ボードの選択や、サーフィンのテクニックのほか、人生を生き抜く様々なことをここで学んだ。私にとって、サーフィンの師匠であり、人生の目標となった。

脱初心者を目指す

サーフィンの世界でも、ヨーガの世界でも師匠(グル)となる人が必要である。私はとても運がよかった。しかし、初心者の内にこの様な出会いが生まれる可能性は極めて低い。このため、このブログは、初心者そして、脱初心者を目指す方達がこの様な出会いが生まれるまでの間の繋ぎになればと思う。初心者の内は、海に行くだけで楽しい時期がある。しかし、上達なきまま過ごしていても、その楽しさは半減してしまう。上達しないがために海でイヤな想いをする事も多いであろう。そうならない為にも、私が師匠から学んだ全てをこのブログに展開していこうと考えている。私の拙い文章でどこまでお伝えできるかわからないが、努めてわかりやすい表現を模索していく。

今後の執筆活動について

ビリーズ・サーフトリップ(略して『ビリログ』)では、サーフトリップ、ボードにフィン、アウトドア全般、たき火とアウトドア料理等に加え執筆活動にかかわることも、エッセイ的に紹介していこうと思う。これは、文章の書き方うんぬんではなく、ブログの立ち上げ方や、HTMLやPHPなど、Webに関することも少しひもといて行きたい。ブログで執筆活動をすることにより身についていったコンピュータの技術もわかりやすく、紹介していく。これからのサーファーにとって、とても重要なスキルと言えると思えるので、こちらの方も期待して頂きたい。