キャンドルランタンの灯が心を落ち着かせるわけ

柔らかな光に包まれて

キャンプサイトは、様々な明かりで包まれる。電池を使用した懐中電灯から、ガスを使用したランタン、DOで調理するための焚き火の明かり。ホワイトガソリンをポンピングにより、圧力をかけて使用するランタン等、明かりを灯す目的のものから、調理のための火力であったり、様々な明かりに包まれる。ランタンやバーナー等は、それぞれの役目を果たす。電池を使用した懐中電灯であれば、テント内の明かりを灯すには欠かせないアイテムだ。しかし、タープの下やテントの外などで使用すると、自然とマッチせず、せっかくのアウトドアの空間が台無しになってしまう。やはり、自然と同化するためには、ホワイトガソリンを使用したランタンか、ガスランタンに軍配が上がる。そのほか、焚き火も自然と一体になるには、最適である。この様な様々な明かりに包まれながら、キャンプサイトの夜は更けていく。一つ一つ明かりは消されていって、最後に残るのがキャンドルの小さな『ともしび』である。

キャンドルランタンの魅力

キャンドルランタンの魅力は、ガスや電池を使用したLEDとは違う暖かみがある炎による安心感であろう。心落ち着かせる不思議な効果を私たちにもたらしてくれる。また、取り扱いも容易で、点火や消火も簡単である。その光を照らす範囲や強さは限られる。しかしながら、どんな道具よりも自然と一体になり、静かな夜を楽しむ明かりとしては、キャンドルランタンの明かりは十分な明るさと言えよう。アウトドアグッズのなかでおすすめが、ユーコ(UCO)のキャンドルランタンだ。

これは、一本のろうそくの周りは、アルミ材質ボディにより軽量化されホヤはガラスで被われている。これは、炎を美しく照らすとともに、ガラス部分の収納が可能で、軽量かつ破損することなく持ち運ぶことが出来る。

様々なキャンドルランタン

キャンドルランタンの種類も様々で、ろうそく一本使用するものから3本同時に使用できるものもある。また、ガラス部分を折り畳んで収納出来るものや四面のガラスで被われたもの等も存在する。ろうそくも各種そろえられている。通常のものから、虫除けバージョンや蜜蝋バージョン等、種類も豊富にある。

私のおすすめするユーコ(UCO)のキャンドルランタンは、使用時16.5cm、収納時10cmであり、180gと重量感もしっかりとある。ソロキャンプにおいて、 優しく美しい炎で心まで照らしてくれる。