ポメラで日記をメモる。DM30のカレンダーは、こうやって使いこなす。

ポメラの活用

2019年8月にポメラ【DM30】を取得してからというもの、このポメラは、欠かせない存在となった。

『文章を書く』こと以外に出来ることがほとんどない。

そんなポメラであるので、書くこと以外の誘惑が極めて少ない。

だからいい。iPadで、執筆していたときは、メールの確認や、音楽を聞いたり、動画をみたりと、なにかと中断させられることがあり、集中力が続かない。しかし、ポメラにしてからは、書くことだけに集中する事ができるようになった。

今日までに、ポメラで43記事を執筆した。

文字にしたら5万字程ではあるが、私にしては、継続していると思う。

皆様にとって価値ある情報を提供できているかは、甚だ疑問ではあるが、執筆を継続して行くことで、改善を図っていきたい。そんな中ではあるが、ポメラのツールにあるカレンダーに注目したい。

カレンダーで日記を書く。

私は、手帳マニアだ。野口悠紀雄さんの超整理手帳に始まり、モレスキンや、ちまたのシステム手帳は、ほとんど試してきた。

そこから導き出した最高のスケジュール帳は、yPadだ。

見開き2Wのワイドスクリーンで、20個のジョブやタスクの進行を同時にみることが出来る。現在これに勝るモノはない。

故に、ポメラのカレンダー機能には、全く関心がなかった。

しかし、ポメラの取扱説明書をみていて気づいたことがある。ツールのカレンダーをみると、『日付メモ(カレンダー)を作成する』と書かれていた。そして、『スケジュールのメモや日記の作成などができる』とある。

私は、カレンダーの機能をスケジューリングとしてしか、捉えていなかった。この『日記の作成』としての機能である、日付を指定してメモを作成する。このことを理解していなかったのだ。

日記もモレスキン等で試したが、いまいちグッとくるものがなかった。しかし、このポメラのカレンダーには、私の求める日記の機能が盛り込まれていた。

実践してみる

カレンダーを表示するには、2つある。

メニュー画面で「ツール」ー「カレンダー」を選択する方法、ショートカットキーである「Alt」+「F1」を入力する方法である。

カレンダーは、月、週、日の画面があり、「F3」でそれぞれを切り替えられる。また、前後への移動は、「F1」と「F2」で操作できる。

保存できる日付メモは、1日1件のみで、一日あたり全角8000文字である。

十分すぎる容量である。

実際に使用してみてわかったことは、数日書かなくても罪悪感を抱くことがないことだ。紙ベースの日記帳では、書かない日があると、そこだけ空欄になっていまい、継続しない自分をせめてしまう。

しかし、このポメラのカレンダーは、月の画面にメモを書いた日に点が表示される。その日を選択すれば書いた内容がみられるのだ。故に数日書かなくても、これと言って罪悪感を抱かず、データとしてパソコンにも保管できるので、融通性が高い。

ポメラをお持ちの方は、是非、このカレンダーの機能を日誌として、日々のメモ残してみてほしい。