鵠沼でまったりサーフ、心穏やかに波乗りを楽しむ

休暇中の波乗り

年末は、千葉へサーフトリップを計画していたが、諸事情が重なり残念ながら見送ることにした。

このため、いつもの湘南へ行くことにしたが、普段は入らないスケートパークにお邪魔した。少しでも雰囲気を変えて波乗りしたかったからだ。

この日は、モモ~コシsetハラぐらいあり、ミドルからトロ厚めの波だが、上手く選べばソコソコ遊べる波も入って来ていた。

天気も雲は多いものの、晴れ間もしっかりでており、セミドライでは、暑いぐらいであった。

サーフトリップを計画していたこともあり、ボードの手入れは、バッチリにしていたので、新調したワックスのノリもよく、気持ちよくサーフィンすることができた。

2時間のサーフィン

今日は、久しぶりにブリューワー(KOZOシェイプ)のロングボードに、ハルスタビー(WILDERNESS)に先日購入したフレックスフィンをチョイスした。

R1 0900~1000(ロング)

Dick Brewer KOZOシェイプ

1ラウンド目は、ロングボードにした。まだ、潮も引ききっていないため、ロングボードの方が調子良さそうだったからだ。

この選択は、当たっていたみたいで、テイクオフと同時にノーズに歩きステップバックして次のセクションにつなぐ。インサイドセクションは、ワンアクションを狙えるような感じではなかったので、そのままプルアウト。

このブラジルカラーのボードは、クラシックな感じのノーズライダーではあるが、レールに大きな特徴があり、2段のアップレールでややエッジもつけている。

このため、ボトムでの回転性は非常に高い。フィンは、キャプテンフィンのミッチアブシャーのモデルを使用しており、カットバック向きのフィンであるため、相性は抜群であった。

R2 1000~1100(ハル)

ウィルダネス ハルスタビー

2ラウンド目は、ハルスタビーだ。先日購入したフレックスフィンをテストした。潮汐も干潮へと近づき、ブレイクも良くなってきたため、ボードを交換した。もう少し張ってくれる波で試したかったが、贅沢はいえない。

フィンのフレックス感を感じたかったが、ボトムターンで微妙に感じとれたぐらいだった。ウィルダネス(WILDERNESS)のハルスタビーは、ハルスタビーの特徴を最大限引き出し、しかし、それに固執することなく進化を遂げている。

特に、コンベックスボトムにコンケーブを施し、波をそこまで選ばず楽しめる。このため、今日のようなトロ厚めのビーチブレイクでも十分力を発揮してくれる。初めてのフィンのテストには良かったのかもしれない。

フレックスフィン