なぜ、ジョージグリノーフィンは人気があるのか

より水面をもとめて

ジョージグリノーというサーファー程、波の奥底に滞在した人物は他にいないであろう。ロングボードの創世記に、スタンドアップする事を考えず、ひたすら水面へと近づく為、ニーボードを貫く。サーファーは、社会から見ると異端児と捉えられることが往々にしてある。そんなサーファーの中で、特に異様な存在であるのが、このジョージグリノーではないか。1967年には、Veloと呼ばれるニーボード:スプーンで、波の奥深く、そして、水面に最も近い位置にステイし続けていた。このジョージグリノーのフィンに4Aというモデルのフィンがある。ツナフィンと称され、マグロやカツオなどのヒレをモチーフにしたフィンである。

ツナフィン

マグロやカツオなどの魚類は、40億年前に海が生まれてから、生命が誕生し、現在まで、様々な進化をしてきた。海での生存競争を生き残り、生活していく為に、ヒレは大切な舵取りとして、今の形に成長を遂げた。。このヒレを完全なまでに再現したのが、この4Aモデルである。特に形状だけでなく、トップのフレックス(曲がること)は、ボードから受ける水圧を、直進するスピードへとスムーズに移行する。今まで様々な、フィンを試してきたが、このフィン程ボードを自然な動きにコントロールするものはない。このフィンを使用すると、ボードが生き物のように波を泳いでくれるのだ。

ジョージグリノー

何十年に一度訪れる巨大な大波、それは、決まって水曜日に訪れる。その映画の名は、『ビッグウェンズデー』である。日本では1979年に上映された。この映画は、1960年のカルフォルニアの海辺の町を舞台に3人の若者がサーフィンを通じ、社会の現実と向き合いながら成長していく物語である。物語はここまでにして、この映画のサーフシーンの撮影にフォーカスしてみる。この映画は、実在するサーファーがモデルであり、また、多くの名サーファーがライディングシーンの撮影に貢献している。そして、水中撮影をとっているのが、ジョージグリノーである。これは、ジョージグリノーの活躍にヒトコマに過ぎない。彼のサーフィン界への最大の貢献は、ショートボード革命であろう。このことに関しては、書きたいことが多すぎるため、新たな機会を捉えて特集していきたい。カリフォルニアの農場で育ち、ボードの上には立ち上がらず、ニーボードと言う選択肢を貫いたジョージグリノーの視界には、なにがあったのであろうか。